駅から5分で通える学校!    

〒350-1324 埼玉県狭山市稲荷山2-6-1  TEL 04-2952-6510  FAX 04-2969-1030
 

校長より

4月1日付けで着任いたしました校長の黒沢 敬です。

狭山経済高校は昭和60年の開校以来33年目を迎えた「流通経済科」「会計科」「情報処理科」の商業系3学科からなる商業高校です。

 西武池袋線「稲荷山公園駅」から徒歩5分という恵まれた環境にあり、部活動や生徒会活動が活発に行われ、生徒たちの明るい声が校舎の内外に響いている学校です。校内の施設・設備は、県内最大級のコンピュータ設備、全館冷暖房完備、重層体育館、セミナーハウスなどを完備し、快適な学校生活を送ることができます。

 生徒たちは、「自律」「友愛」「創意」を校訓として、明るく、元気に、規律正しく、勉強、部活動、学校行事に取り組み、自分を成長させています。そして、満足して卒業していきます。

私たち教職員は、生徒の満足した笑顔のために、深い愛情と情熱を注いで、全力で取り組んでおります。どうぞよろしくお願いいたします。 


 

日誌

校長通信
2017/09/01

9月1日(金)2学期始業式

| by:web管理者

夏季休業中を通して大規模改修が行われました。事務室、職員室、HR、廊下、階段、トイレが綺麗にリニューアルされました。8月最後の週に復元作業を終え、無事に2学期を迎えることができました。猛暑の中を頑張っていただいた工事関係の方々には、心より感謝いたします。生徒にも不便をかけましたが、暑い中を多くの生徒が、部活動に、補習に、特に3年生は就職活動に取り組んでいました。本日から113日間という長い2学期が始まります。快適な環境の中で、充実した毎日を送ってください。

以下が、本日の始業式での講話の骨子です。

 

本日は、知足」という話をします。というのは、「足ることを知る」ということです。今、あるのが当たり前、何でも手に入るのが当たり前になっていませんか。当たり前には対語があります。「今あるのが難しい」という「有り難い」ということばです。日々、当たり前にものがあるのではなく、「有り難い」と思える心が大切だと思います。そして、これは、ものに対してだけでなく、人に対しても同じです。私たちは、自分が気がつかないところでたいへん多くの人に支えられて生きています。当たり前のように近くにいる人に支えられています。当たり前のことに、「ありがたい」と思える気持ちを持ちたいですね。「欲しい」から1歩進んで、ぜひ、人に「あげる」ことをやってみてください。気持ちや行動を人にあげるのです。そのためにも、2学期から、「一日一つ良いこと」「1日1つこれをやったら相手は気持ちいいだろう」と思えることを行ってください。ささいなことでかまいません。たとえば、「相手に道を譲った」「通学路でごみをひろった」「忘れものを拾って届けた」「人のロッカーが開いていたので閉めてあげた」「荷物を持つのを手伝った「ドアを開けてあげた」など、自分が助かるなと思うことを1日一つ行ってください。その日に忘れてしまったり、できなかったりしたら、その分次の日に2つ行ってください。良いことを行うと誰でも気持ちいいですよね。そして、自分への幸せ貯金となります。2学期は、土日を入れて113日間あります。全校生徒714人が、2学期の間、1日1つ良いことを行えば、80,682回、私たちの周りで良いことが行われることになります。そうなれば、皆さんも、さらに気持ちよく学校生活が送れます。足りることを知り、有り難い心で2学期を過ごしてください。


14:38 | 今日の出来事
2017/08/02

体験入部②

| by:web管理者

8月1日(火)
このところ、梅雨に逆戻りしたような天気ですが、大規模改修工事のほうは順調に進んでいます。本日、8月1日は、2回目の部活動体験で、グラウンドから、野球部、陸上部、ソフトボール部の生徒たちの元気な声が聞こえてきます。3年生の就職希望の生徒たちは、毎日緊張した面持ちで学校に来ています。3学年、進路指導部の先生方もほとんど休みなく生徒たちを指導しています。みんなで応援しています。就職希望の生徒たち。自分の希望進路合格に向けて精いっぱいがんばってください。



11:14
2017/07/24

彩の国進学フェア

| by:web管理者

7月22日(土)23日(日)

この2日間、「彩の国進学フェア」に参加しました。この説明会には、両日で約2万人以上の受検生と保護者が参加する大規模な高校説明会であり、最寄駅である「さいたま新都心駅」周辺は朝から混雑していました。そして、会場の「さいたまスーパーアリーナ」の入り口には長い行列ができていました。本校からは16名の教員が参加し、来ていただいた70組の受検生と保護者に説明を行いました。22日の午後には、飯能市民会館で行われた飯能市高等学校説明会にも参加し、約100名の受検生と保護者に説明を行いました。今年の夏はことのほか暑い夏です。受験生にはこの夏を乗り切って頑張ってほしいです。


 


11:49
2017/07/21

夏休みの狭山経済

| by:web管理者

7月21日(金)

夏季休業日1日目。気温は35度を超えているのではないかという暑さです。本校は、職員、建設関係、輸送関係の業者の方で入り乱れています。実は、とうとう本格的に大規模改修工事が始まりました。昨日の終業式までに、各HRの机、いすの移動、職員室、事務室、校長室等の備品の整理を終えて、本日は、職員は夏季休業中の臨時職員室等の設置、業者の方は大規模改修作業と、みんな汗だくで取り組んでいます。少々不便な夏休みとなりますが、2学期は、さらに素晴らしい環境で教育活動が展開されます。楽しみです。


 

 


11:48
2017/07/20

終業式・校長講話

| by:web管理者

7月20日(木)

本日、任期満了によるALTの離任式、表彰式、終業式を行いました。以下が終業式の校長講話のまとめです。

  

自分を鍛える

 夏の暑さは、様々な活動意欲を低下させます。エアコンの効いている部屋から暑い外に出ることは誰でもいやです。朝ゆっくり起きて、昼間だらだら過ごし、夜に活動して遅く寝る。もし、こんな毎日を続けたら、何の手ごたえもない夏休みとなってしまい、もっとあれをやっておくんだったなどと後悔の念に浸ることとなります。これまでの夏休みはどうだったですか?わかっていると思いますが、社会に出たらこんな長期間の夏休みはありません。それぞれ、どういう夏休みを過ごすかは自分次第です。自分なりの計画を立ててください。ただし、頭で考えるだけではいけません。文字にでも、図にでも表して、必ず見えるようにしてください。欲張ってかまいません。やりたかったこと、できなかったこと、ぜひ自分に挑戦してください。そして、そのための一番の妨げは自分自身です。自分の弱い心です。自分に言い訳をすれば、どんなことでも許されてしまいます。「暑かったからできなかった」「暑くて夜眠れなくて眠くなったのでできなかった」「体調が悪かったのでできなかった」こうやって自分を偽り、自分を許すのは簡単です。でも、ぜひ考えてみてください。自分に厳しくできるのは自分だけなのです。自分を救えるのも自分だけなのです。

 私はかつて、3年間、ラグビー部の顧問となったことがあります。その時、ラグビー界で活躍していたのが、平尾誠二さんでした。惜しくも、昨年、53歳の若さで逝去しました。京都の伏見工業高校で全国高校ラグビー選手権優勝。当時の伏見工業高校は荒れ果てた学校でしたが、顧問の山口良治先生とともにキャプテンの平尾さんが立て直し、全国優勝を遂げる高校にまでしました。これはテレビドラマの「スクールウオーズ」のモデルとなりました。平尾さんはその後、同志社大学に進み、大学選手権3連覇、そして神戸製鋼に入社して日本選手権7連覇を達成。その後、ラグビーワールドカップを日本代表監督として率いた、ラグビー界のスーパースターです。

 ラグビーをやったことがある人はほとんどいないと思いますが、見たことがある人は多いと思います。私も、顧問になってラグビーを勉強し、体験しましたが、大変魅力的なスポーツであると同時に、すごく怖いスポーツです。生徒といっしょに練習するために、私も走って、ウエイトトレーニングをやって身体を作りました。ラグビーはどこに転がるかわからない楕円形のボールを奪い合うスポーツ。最高の見どころはトライをあげるところですが、その過程において、後方から、スクラム、タックルにより、味方にボールが渡るように多くの仲間がボールを回していきます。特に、突進してくる、100キロ近くもありそうな、筋肉の塊のような大男に対してタックルをするのがどれだけ怖いことは想像ができますよね。その恐怖心に打ち勝つにはどうすればいいでしょう。自分を鍛えることしかありません。心と体を強くするしかありません。どうしたら強くなるのでしょう。平尾さんはこうに言っています。

     「負荷をかければかけるほど、心はどんどん強くなる」

筋肉を強化するには、負荷をかけなければならない。重いものを持てば腕の筋肉は強くなり、持たないでいれば衰える。

これは心もいっしょだ。負荷をかければそれだけ強くなり、かけなければ弱くなる。強くなれば少々のことではへこたれなくなるし、弱まればちょっとしたことで落ち込み、現実から逃れようと考えてしまう。

 「こんなこと、どうってことない。」そう思うことができるようになるのだ。

負荷をかける方法はいくつかある。中でも、理不尽なことは有効な方法の一つと言える。人は理不尽な経験を乗り越えることで強くなるものなのだ。理不尽は人を鍛える。

そして、その反動こそが強いエネルギーを生み出すのである。

あらゆる物事において、他人に言われていやいや行うことは、悪い意味の「理不尽」となりますが、自分で自分を鍛えることは、良い意味の「理不尽」となります。

皆さんも、ぜひ、自分に「理不尽」という負荷をかけて自分を鍛えてください。



 


11:47
2017/07/13

終業式・保護者懇談会

| by:web管理者

今年度の1学期終業式は、7月20日(木)です。
7月15日(土)は、学年別の保護者懇談会があります。検定や資格、修学旅行、進路について説明があります。



11:46
2017/06/01

飯能一中PTA学校見学会

| by:web管理者

5月30日(火)に、飯能第一中学校の校長先生、PT会長様をはじめ36名のPTA方が来校し学校概要の説明の後に、授業見学、校内施設の見学をしていただきました。商業高校は、PTAの方にとってはあまりなじみのない場所だと思いますが、生徒たちの授業へのまじめな取り組み、落ち着いた学校生活、清掃の行き届いた教室や廊下、充実した設備に感嘆の声があがりました。また、校長先生からも、飯能一中出身の生徒の明るい表情から、豊かな高校生活を送っていることを伺い知ることができるという賛辞をいただきました。 


 


11:45
2017/05/22

PTA・後援会

| by:web管理者

良く晴れて、真夏と思われるような気候の中、5月20日(土)にPTA・後援会総会が行われました。新役員が決定し、平成29年度のPTA、後援会がスタートしました。終了後は場所を移し、学校のセミナー室でお茶とお菓子の懇親会で保護者同士が懇親を深めました。

PTA会長、新後援会会長とも、狭山経済高校のますますの発展のために尽力することを力強く述べていただきました。生徒のためには、学校、保護者の共同歩調が欠かせません。

今後ともがんばっていきます。よろしくお願いします。5月22日



 


11:44
2017/05/11

校門指導

| by:web管理者

連休明けの5月8日(月)、9日(火)、10日(水)の3日間、校門指導が行われました。これは、月初めに行う指導で、先生方が校門に立って、登校する生徒たちにあいさつをしたり、自転車の乗車マナー等の指導をするものです。9日は9名の保護者も加わり、大勢で生徒たちを迎え、挨拶も声が元気に飛び交っていました。生徒の自転車の乗車マナーについて、苦情をいただくことがあります。手軽で便利な乗り物だからこそ、交通ルールをしっかりと守って乗らなければなりませんね。



11:43
2017/05/01

狭山市つつじ祭り

| by:web管理者

5月に入り、周囲の色が桜一色から緑色に変わり、また赤、青、黄色と色とりどりの花が目立ってきた。先日の日曜日4月30日には、快晴の中、「狭山市つつじ祭」が行われた。久しぶりの開催だったが、狭山市長も参加し、出店も出て、近所のお年寄りや子供たちを中心に多くの人がつつじの景色を楽しんでいた。10:00からのオープニングセレモニーでは吹奏楽部が見事な演奏を披露した。また、12:00には、合唱部が息の合った合唱を披露し、祭を盛り上げた。

「地域とともにある狭山経済高校」今後も地域のイベント等に参加し、協力していきたい。




11:40